自毛植毛費用 | 自毛植毛専門クリニックを厳選して紹介しています。

自毛植毛で元のフサフサの髪に

 

自毛植毛は髪がふさふさになるための一番の近道です。費用は高いですが、増毛やカツラを選択するよりもトータルで見た場合にずっとお得です。増毛やカツラは人工的なものなので、どんなに精度が高くても周りのバレてしまうのが現実です。

今は効果的な育毛剤がたくさんありますが、髪の量がフサフサだった頃に戻れるということはありませんし効果に個人差があります。また頭皮に合わなかったり 体質に合わなくて副作用が出てしまったりします。

植毛は頭皮に髪を植え付けるので仕上がりが自然という違いがあります。医療機関で受けられる植毛手術ですが、保険が適用されないので費用は高額になってしまいます。
尚、植毛手術には人工毛髪を植え付ける手術と、自分の毛根を髪が薄い部分に植える手術の2種類があります。

人工毛髪の場合、髪の毛1本あたり300円程が相場です。植え付ける量で金額は違いますが、狭い範囲の場合は7万円から20万円くらいで、広い範囲に植毛すると60万円程の費用が掛かります。

自分の髪を植え付ける手術の場合、髪の毛1株にかかる費用は1000円程で、前頭部の狭い範囲(M字ハゲ)の場合は30万円から50万円くらいで、頭頂部の広い範囲の場合は数百万円の費用が必要になります。植毛手術にかかる費用は数十万円から数百万円になります。

人工毛髪を植え付ける手術は費用を抑える事が出来ますが、数年に1度メンテナンスする必要がありますので、そういったことを踏まえて人工毛髪か自分の毛髪で植毛するか検討する必要があります。

今の自毛植毛の技術の進歩は凄まじいので植毛をお考えならば費用は高くなりますが自毛植毛をオススメします。

自毛植毛専門のクリニックは無料カウンセリングを実施しているので、まずは相談されてみてはいかがでしょうか。自毛植毛専門の医師が無料でご相談を承ります。今までの治療例なでも紹介してくれますし、状況・症状に合わせた効果的な治療プランを提案してくれます。

クリニック名 基本治療費 単価(1株) 治療シュミレーション
KM新宿クリニック
FUERS植毛センター
200,000円 1,200円 M字
生え際
800,000円
(基本治療費+500株)
後頭部 2,000,000円
(基本治療費+1500株)
アイランドタワークリニック
アイランドタワークリニック
200,000円 1,200円 M字
生え際
800,000円
(基本治療費+500株)
後頭部 2,000,000円
(基本治療費+1500株)

自毛植毛を行う場合の費用の目安は?

脱毛症は酷くなってしまう前に対策を行うことが大切です。抜け毛が気になるようになったら要注意と考えて良いでしょう。実際に治療の必要がないほどでも専門医に相談を行っておけば、抜け毛への対策をとることができます。抜け毛の量が増えたままで改善策を取らないと、脱毛症になってしまい抜け毛がさらに酷くなってしまうこともあります。

脱毛症が酷くなってしまうと薬などが効かない可能性も!

脱毛症が酷くなってしまうと、薬や育毛剤での治療法は地道な改善法なので、効果がないなどと思ってしまいます。このような改善を行った場合、脱毛症が改善できるのは多く見積もっても6ヶ月~1年程度は効果を感じることは難しいでしょう。

薬で改善した場合、長い間薬を飲み続けないといけないので、費用もかさんでしまいます。しかし、植毛を行うと薬などを飲み続ける必要がなく費用期間を短縮することが出来ます。


自毛植毛を行うと脱毛症が目立たなくなる!

植毛は自分の毛を使って植毛を行う場合と、人工の毛を使って植毛を行う場合があります。自毛の方が後々自分の毛と一体化していくので、脱毛症が改善できる治療法です。自毛植毛を行う場合、株数が問題になってきます。

株数とは植毛を行う範囲が広ければ広いほど、植毛を行う本数が増えるので費用が高くなってしまいます。しかし、費用を抑えたいからといって少ない本数(株数)で手術を行ってもあまり意味がありません。自分の脱毛がどれだけ進んでいるかを把握しておき、どれくらいの植毛を行うと効果が出るのかを医師と相談することが大切です。


自毛植毛の費用の目安は?

自毛植毛を行う場合、費用のことは気になってしまいますよね?費用は美容クリニックなどによって違いがあるので一概に金額をいうことは出来ませんが、植毛を行う場合の目安としては大体100~1000株で、費用は28~100万円程度です。頭皮を切らない植毛を行う場合の目安は32~140万円です。脱毛症状の進行具合は人によって違うので、脱毛の症状が軽ければ軽いほど植毛を行う範囲が狭くて済みます。


範囲が狭いと当然株数が少なくなるので、植毛を行う費用を抑えることが出来るということです。この費用の差は、頭皮を切るか切らないかによって医師の手術方法が変わってしまうこと、なおかつ効果があるように手術を行うことなどがあるからです。費用のことを考えて少しでも安い方がいいのであれば、切る植毛を選んだ方がいいでしょう。

生え際の自毛植毛を行う場合と支払い方法

男性型脱毛症の場合、頭頂部や生え際の両サイドが薄毛になっていくという特徴があります。
男性型脱毛症の人の中でも、植毛手術を行う人が増えて来ています。
頭頂部の植毛よりも、生え際の植毛を行う場合には注意しないといけないことがあります。

生え際を自毛植毛する場合の注意点とは?

植毛を行った場合は毛の量を改善することが出来ます。
生え際の自毛植毛を行う場合、患者さんの意向と沿わない場合があります。それは、生え際の自毛植毛は1回では手術を完了することは難しいということです。脱毛範囲が広くなってしまっている場合、自毛植毛で他の場所から健康な髪を皮膚ごと移植するので移植に限界があります。


生え際の植毛に適している方法は?

脱毛症の症状が酷くなってしまっている場合、生え際の毛の量をあまり求めず密度を少なめにするのであれば、症状が酷くなっている場合でも自毛植毛をすることが出来ます。この場合であれば、手術を1回で済ませることが出来て満足する人もいます。

この方法以外にも、自毛で植毛を行う方法は他にもあります。切らない自毛植毛を行えば、他の場所から採取し移植する必要がないので、毛の量を増やすことができ密度にも満足することが出来ます。

しかし、切らない自毛脱毛は費用が高くなってしまうことがあり、なかなか治療を決められないという人が多いです。植毛費用は高いので払えないという人でも、安心に手術を受けることが出来るローンもあります。


自毛植毛を行いローンで払うには?

自毛植毛は費用が高く、100~140万円で1000株程度の植毛を行うことが出来ます。手術費用を現金一括で払う必要はなく、手術日が決定した時点で10万円払うだけで後はローンで払うことが出来ます。ローンといってもクレジットカードやメディカルローンがあるので、支払いがとても楽になり自毛植毛も気楽に満足のいく密度にすることが出来ます。

この方法を上手く利用しローンを長くしておけば、手術費用が負担になってしまうこともなく、自毛植毛を決断できるようになります。自毛植毛を行う範囲が狭く、60万円程度で費用が抑えられた場合でも、クレジットカード払いやメディカルローンを利用することが出来るようになっています。


植毛を行う場合に費用の心配は必要ないので、脱毛症の症状が酷くなってしまう前に植毛を考えてみてはいかがでしょうか?
自毛植毛を考えている人は、クリニックなどで支払方法を確認し、クレジット払いやメディカルローンがあるか確認してからクリニックに行くようにしましょう。 自毛植毛の費用はバンクイックなどの銀行カードローンで借り入れしてももちろん大丈夫です。 ただし返済のめどが立っていないと利息を余分に払うことにもなりかねませんので注意しましょう。 また、最近では毛髪にやさしいサプリメントとしてすっぽんサプリが注目されつつあります。 もちろん現時点で毛髪に直接いい影響を与えるといった研究結果や論文が出ていたりするわけではありませんのでこれからの検証待ちといえます。